2011年10月15日

塩麹(しおこうじ)の効能&作り方

ゆほびか11月号を買いました。その中に最近ブームになっている「塩麹(しおこうじ)」の特集がありました。

以前はなまるマーケットで紹介され、作り方は別ブログに書いたことがあります。
塩麹(しおこうじ)の作り方 はなまるマーケット(2011.3.4)

はなまるでは塩麹の作り方と簡単なレシピの紹介だったのですが、ゆほびかでは麹の持つ効能についても書かれてました。

麹には多くの酵素が含まれており、食材のでんぷんやたんぱく質を分解して、糖やアミノ酸を生成するので、栄養素を吸収しやすいそうです。日常的に食べ続けることで、免疫力アップ、滋養強壮、美肌、老化防止が期待できるとのこと。

塩麹の達人の「おのみさ」さんも、自他共に認めるお酒好きだそうですが、塩麹で作ったおつまみでお酒を飲んだ時は、翌朝の二日酔いの心配もないんだとか。それにお肌やお通じの状態もいいそうです。

塩麹を販売している大分県の浅利妙峰さんも、麹を日々の食事に取り入れると腸の調子が良くなり、頑固な便秘に悩んでいた方にも感謝されたそうです。


また麹に含まれる成分には美肌効果もあり、麹屋や造り酒屋、みそ屋で働いている人の手は白くてきれいだと言われています。浅利妙峰さんも、塩麹を作る講習会では、「手についた麹は洗い流さないで、すりこんでくださいね。」と教えているそうです。麹を手にすりこむとすぐにしっとりするので、みなさんびっくりするそうです。

浅利妙峰さんの塩麹(しおこうじ)の作り方も、別ブログで書いたことがあります。
塩麹の作り方 NHKゆうどきネットワーク(2011.3.9)

塩麹は浅利妙峰さんが女将を務める、大分県佐伯市の「糀屋本店」でも購入できます。
こちらが、 「糀屋本店」のホームページです。


塩麹を手作りする方は、近くに麹屋さんがあったら、地元の麹屋さんで麹を買うのがオススメです。浅利さんいわく、麹は生き物なので個性があり、地元の麹屋さんは地元の食に一番合う生麹(なまこうじ)が手に入るとのことです。


★いま大人気の「塩麹」は楽天でも購入できますよ♪


医学博士の須見洋行さんも、麹の持つ健康効果として、@体内の脂肪・コレステロールの蓄積を防ぐ、A血液をサラサラにし、高血圧を防ぐ、B腸内の善玉菌を活性化し、免疫力を高めてデトックスする、Cメラニン色素の生成を防ぐ美白効果がある、D物忘れを防ぐ効果、があると書いています。


@の体内の脂肪・コレステロールの蓄積を防ぐ マウスを使った実験で、麹を摂取したマウスは、体重増加、血清の中性脂肪濃度、悪玉LDLコレステロール値が抑制されたという報告があったそうです。体内への脂肪の取り込みが阻害されていたのは、麹のもつ余分な脂肪を吸着して体外へ運び出すたんぱく質が存在するためだと考えられているようです。


Aの血液をサラサラにし、高血圧を防ぐ 麹に含まれるプラストミンという物質が、血栓を作る物質を溶解し、血小板の凝集も抑制して血液サラサラにしてくれ、血圧の上昇を抑制する効果もあるそうです。

ただし麹には塩分が入っているので、取り過ぎは逆効果になります。塩麹は調味料として食生活に取り入れるのが良いとのことです。


Bの腸内の善玉菌を活性化し、免疫力を高めてデトックスする。 麹菌は善玉菌を活性化する働きがあり、腸内環境が整い、便秘が解消します。そうなることで、体内のデトックス(毒だし)ができ、免疫力アップにもつながります。 


Dの物忘れを防ぐ効果は、最近の実験で明らかになったそうです。記憶障害を引き起こす薬剤を投与したマウスに迷路を通過させるという実験の結果、麹を投与したマウスは、学んだ通りの水路を通過することができ、薬剤による学習記憶低下を防ぐことが判明しました。


最近ブームの塩麹ですが、麹にはたくさんの健康効果があることに驚きました。塩麹を使っておいしい食事をとり、体まで健康になるのだから、いいことずくめですね。健康に美容にもよい塩麹は最強の調味料ですね。


posted by シュガー at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

ZIPPEI(じっぺい) スマイルキャラバン 徳島

ZIPPEI(じっぺい) スマイル・キャラバン高知の旅が終了しましたね。

10/7は四万十川からの生中継があり、スマイル・キャラバンのテーマ曲「あなたにしかできないこと」をダイスケさんが披露しました。

ダイスケさんが「この曲を聞いて少しでも多くの方が元気になってくれたらいいな。」と言ったとおり、歌詞が前向きで元気がもらえるとてもいい曲でした。

旅で出逢った漁師さん、農家の方、職人さん、一般の方、みんな自分のやるべきことをやっている。この旅を通して僕もやるべきことを見つけたいと語るダイスケさん。

四万十川には250人を超える人が集まり、通学前の子供たちがみんな笑顔だったのがかわいかったです。みんな生のZIPPEI(じっぺい)を見たら、笑顔になってしまいますよね。

旅の新しい仲間 「ZIPPEI号」も登場。ガソリンを一切使わない電気自動車が旅の相棒に加わります。

今日から、ZIPPEI(じっぺい)の旅の動画が、インターネットで見られるそうです。枡アナウンサーが番組HPをご覧くださいと言ってました。 ZIPホームページ

香川→愛媛→高知と回り、10/10〜10/17は四国最後の旅「徳島県」を、ZIPPEI(じっぺい)弟とダイスケさんが旅しますよ。徳島県の方、生のZIPPEI(じっぺい)に逢えるチャンスですね。

10/10の放送では徳島県・美波町をZIPPEI(じっぺい)とダイスケさんが訪ねました。この日は明治初期から続く、年に一度の町の繁栄を祈願する「八幡神社秋祭り」が行われていました。漁業が盛んな美波町では、海の神様に感謝を捧げるため、みこしごと海に入れるのが恒例行事なんだそうです。

そこでダイスケさんもハッピに着替えてみこしを担がせてもらい、海の中へと入って行きました。それを砂浜でじっと見守るZIPPEI(じっぺい)。

電話中継では、「徳島の熱い男たちの魂を感じました。800kg以上あるみこしを担いで、砂浜に足をとられながら、波の抵抗を感じながら担いだので、肩がパンパンです。」語るダイスケさんでした。

10/11放送では、徳島県鳴門市を訪ねました。鳴門市の名産品 「なると金時」を焼き芋にしてもらい、おいしいそうに食べるZIPPEI(じっぺい)とダイスケさん。

明日は徳島のどちらを旅するのでしょうか?毎日このコーナーが楽しみです。
posted by シュガー at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ZIPPEI(じっぺい) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

30日で人生を変える「続ける」習慣 古川武士 購入しました

30日で人生を変える「続ける」習慣という本を買いました。

早起き、資格勉強、英会話、片付け、貯金、ダイエット、禁煙・・・これで必ずうまくいく!と書かれた帯にひかれ、思わず手に取ってしまいました。

この本はあらゆることを「習慣化」する力=続ける習慣を身につけることを目的に書かれていて、どんな習慣も歯磨きのように当たり前に続けられる状態にするための方法が綴られているようです。

この「習慣化」する力がある人は、ダイエットでも勉強でも運動でも何でも続けることができて、習慣化する力のない人は、何をやっても三日坊主に終わるそうです。

私は少し飽き症のところがあり、続けられることとそうでないことに差があります。唯一続いていることが、毎日1万歩以上歩くことで、これは3年間続いています。

私には持病があり医者から治療のためにも体重を減らすように何度も言われ、3年前にダイエットをするためウォーキングを始めました。食事の量も減らしたこともあり、半年間で60kgから48kgまでダイエットすることができました。

体重が減ってもその体重を維持するために、現在も1万歩以上歩いています。運動嫌いな私ですが、今は歩かないと気持ちが悪いという思いが生まれ、歩くことが毎日の習慣になったようです。

ダイエットに成功した時に、私は強い動機さえあれば続けることができるんだと思えたのですが、片付けや勉強関係がどうも習慣化できにくいので、これを克服するために購入しました。

著者は1万人を指導した習慣化コンサルタント古川武士さんで、NLP、コーチングに基づいた科学的な「継続の仕組み」を公開しています。

そのためにも早速読んで実践したいと思います。読後の感想や経過は後日紹介します。
posted by シュガー at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

王様のブランチ 10/8 映画動員ランキング 

今日から3連休ですね。3連休の予定はこれといってないのですが、映画でも見に行こうかな。そこで10/8放送の王様のブランチの「映画ランキング」をメモしてみました。


10/8 映画動員ランキング(今週のTOP10)

1位 ワイルド・スピード MEGA MAX  初登場
2位 モテキ  2週目
3位 アンフェア the answer  3週目
4位 DOG×POLICE 純白の絆  初登場
5位 はやぶさ/HAYABUSA  初登場
6位 探偵はBARにいる  4週目
7位 世界侵略:ロサンゼルス決戦  3週目
8位 スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション  3週目
9位 セカンドバージン  2週目
10位 ライフ −いのちをつなぐ物語−  5週目

この中で見てみたいのは、5位の「はやぶさ/HAYABUSA」と6位の「探偵はBARにいる」です。「探偵はBARにいる」には好評につき続編の製作も決定しました。大泉洋さんの代表作になりましたね。

10/8に公開になった、堺雅人さんと宮崎あおいさんの「ツレがうつになりまして」も興味があります。予告を見たら二人の空気感がとっても自然でいい感じです。

映画を見に行ったら感想もブログに書いてみたいと思います。

posted by シュガー at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハッピー玄関のつくり方 竹内清文 ガラクタを捨てる

先日買ったゆほびか11月号に「ハッピー玄関のつくり方」の記事がありました。

物を捨てることは自分の心と向き合うこと。ガラクタを捨てることで、自分に本当に必要な物が手に入ります。まずは玄関のガラクタ整理からはじめてみましょうと、竹内清文さんのガラクタ整理のことが書かれていました。

竹内清文さんはガラクタ整理師として全国を講演会で回り、2010年には「8割捨てればうまくいく!」、2011年は「手放せばうまくいく」と物を捨てることで人生が変わるという本を出版されています。

家全体の片付けは時間も労力もかかるが、まず最初に玄関を片付けてみる。家の中でも玄関はエネルギーの出入口で大切な場所。玄関が片付いていないと外からの良いエネルギーがブロックされ、新しいチャンスやご縁が巡ってきませんと竹内さん。

竹内さんのガラクタチェツクのポイントは

●見ると笑顔になれるもの以外はガラクタ
●いちばん好きなもの以外はガラクタ
●2年間使わなかったものはガラクタ


竹内さんのガラクタの定義は「好きでないものはすべてガラクタ」だそうです。玄関には好きな物だけを置き、それ以外の物は処分する。買ってから日が浅いものやl高級ブランドでも、見ていて気分が上がらないものは、自分にとっては「ガラクタ」になっているそうです。

竹内さんの考え方は、金スマで見たこんまりさんと一緒だなと思いました。こんまりさんも「ときめく」か「ときめかないか」で判断し、ときめくモノだけを残して収納していました。

別ブログに9/30に金スマで放送された こんまりさんの「人生がときめく片付けの魔法」記事を書いています。興味のある方はご覧ください。→金スマ「人生がときめく片付けの魔法」テクニック大公開

最近テレビや雑誌で片付け術を良く目にすることもあり、自分も物を捨てなきゃと思うようになりました。まずは玄関から初めてみようかなと思います。
posted by シュガー at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 片付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

ヤミーさんレシピ 「トマ卵❤マーボー豆腐」 エッセ11月号

きょうエッセ11月号を買いました。エッセは料理のレシピがたくさんのっているので、毎月かかさず購入してます。

中でも「知りたがり」金曜日の「淳のもてなしごはん」のヤミーさんのコーナーが大好きで、エッセも買うし、作っている映像も見たいので録画もしています。

ヤミーさんと田村淳さんのやりとりがおもしろくて、料理番組の中でも一番好きかな。ヤミーさんは普段はお勤めされていて、自宅にテレビがない、コンロは一口コンロなど、思わず「エー」と驚くような情報が、淳さんとの会話の中で少しずつポロリされて、料理以外の部分も大変興味深いです。

今日は「トマ卵❤マーボー豆腐」を二人でクッキングしてくれました。最後の仕上げのゴマ油を入れ忘れるというヤミーさんの初めての失敗がありましたが、淳さんが盛り付けたお皿の上からゴマ油をふって、なんとか収めてくれました。

10/7(金)の知りたがりで紹介された「トマ卵❤マーボー豆腐」の作り方は別ブログに書いています。コチラです。

10/14(金)は「チキンとたっぷりキノコのカルトッチョ」といった紙包み焼きを紹介してくれますよ。とってもおいしいそうなので、今から楽しみです。 レシピはコチラのブログにアップしました。
posted by シュガー at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

今年の流行鍋 具だくさんつけダレの作り方 スッキリ

10月に入り寒くなってきましたね。私も昨晩鍋を作りました。小栗旬さんのCMに出てくる、白菜と豚バラ肉のシンプルな鍋に、真ん中にシメジを入れてみました。シンプルであっさりしていて、たくさんの白菜もペロッと食べられましたよ。

きょうの「スッキリ」では、今年の鍋料理は具だくさんのつけだれで食べる鍋がブームになると、お鍋の最新情報に詳しい東京ウォーカーが言っていました。スッキリの阿部リポーターが、都内の鍋料理の人気店を取材し、店主の方に家庭でも簡単にできる「具だくさんつけダレ」の作り方を教えてもらっていました。

ポン酢の中にそれぞれの材料を加えるだけで、「具だくさんつけダレ」をがお家でも簡単に作れますよ。

@. ポン酢+アボカド(一口大)+卵黄1個  キャベツと豚バラ肉、プチトマトを蒸したものに合います。

A. ポン酢+豆乳+ピザ用チーズ  チーズフォンデュのようなコクと深い味わい 

B. オリーブオイル+大葉+アンチョビ+ピーナッツ(各粗みじん切り) イタリアン風でコリアンダーの代わりに大葉を使ってます。

C. ごまダレ+とろろ+わさび漬け+カリカリ梅  コクがあってクリーミー

D. ポン酢+トマト(1cm角切り)+バジル+フライドオニオン イタリアン風味

E. ポン酢+桜えび+じゃこ+オクラ(輪切り)  和風

F. ポン酢+油揚げ(短冊切り)+みょうが(薄切り)+とろろこんぶ  うまみダレ

G. ポン酢+りんこ(みじん切り)+グレープフルーツジュレ デザート感覚

H. ポン酢+ベビースタラーメン+ポテトチップス(粗く砕く)+卵黄1個  店長イチオシ

スタジオでは水炊きを用意して試食した結果、テリーさんはBのイタリアン風味とA豆乳チーズが新鮮で気に入ったようです。加藤さんはHの店長イチオシとAの豆乳チーズがおいしいとい言ってました。この具だくさんつけダレは、和風ダシで作ったシンプルな水炊きが合うようです。

みんな「タレが変わったら何種類かの鍋を食べているようで飽きがこない。」と言ってましたので、私も次の鍋料理の時には試してみようとおもいます。
posted by シュガー at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

塩麹(しおこうじ)の効能&作り方

ゆほびか11月号を買いました。その中に最近ブームになっている「塩麹(しおこうじ)」の特集がありました。

以前はなまるマーケットで紹介され、作り方は別ブログに書いたことがあります。
塩麹(しおこうじ)の作り方 はなまるマーケット(2011.3.4)

はなまるでは塩麹の作り方と簡単なレシピの紹介だったのですが、ゆほびかでは麹の持つ効能についても書かれてました。

麹には多くの酵素が含まれており、食材のでんぷんやたんぱく質を分解して、糖やアミノ酸を生成するので、栄養素を吸収しやすいそうです。日常的に食べ続けることで、免疫力アップ、滋養強壮、美肌、老化防止が期待できるとのこと。

塩麹の達人の「おのみさ」さんも、自他共に認めるお酒好きだそうですが、塩麹で作ったおつまみでお酒を飲んだ時は、翌朝の二日酔いの心配もないんだとか。それにお肌やお通じの状態もいいそうです。

塩麹を販売している大分県の浅利妙峰さんも、麹を日々の食事に取り入れると腸の調子が良くなり、頑固な便秘に悩んでいた方にも感謝されたそうです。


また麹に含まれる成分には美肌効果もあり、麹屋や造り酒屋、みそ屋で働いている人の手は白くてきれいだと言われています。浅利妙峰さんも、塩麹を作る講習会では、「手についた麹は洗い流さないで、すりこんでくださいね。」と教えているそうです。麹を手にすりこむとすぐにしっとりするので、みなさんびっくりするそうです。

浅利妙峰さんの塩麹(しおこうじ)の作り方も、別ブログで書いたことがあります。
塩麹の作り方 NHKゆうどきネットワーク(2011.3.9)

塩麹は浅利妙峰さんが女将を務める、大分県佐伯市の「糀屋本店」でも購入できます。
こちらが、 「糀屋本店」のホームページです。


塩麹を手作りする方は、近くに麹屋さんがあったら、地元の麹屋さんで麹を買うのがオススメです。浅利さんいわく、麹は生き物なので個性があり、地元の麹屋さんは地元の食に一番合う生麹(なまこうじ)が手に入るとのことです。


★いま大人気の「塩麹」は楽天でも購入できますよ♪


医学博士の須見洋行さんも、麹の持つ健康効果として、@体内の脂肪・コレステロールの蓄積を防ぐ、A血液をサラサラにし、高血圧を防ぐ、B腸内の善玉菌を活性化し、免疫力を高めてデトックスする、Cメラニン色素の生成を防ぐ美白効果がある、D物忘れを防ぐ効果、があると書いています。


@の体内の脂肪・コレステロールの蓄積を防ぐ マウスを使った実験で、麹を摂取したマウスは、体重増加、血清の中性脂肪濃度、悪玉LDLコレステロール値が抑制されたという報告があったそうです。体内への脂肪の取り込みが阻害されていたのは、麹のもつ余分な脂肪を吸着して体外へ運び出すたんぱく質が存在するためだと考えられているようです。


Aの血液をサラサラにし、高血圧を防ぐ 麹に含まれるプラストミンという物質が、血栓を作る物質を溶解し、血小板の凝集も抑制して血液サラサラにしてくれ、血圧の上昇を抑制する効果もあるそうです。

ただし麹には塩分が入っているので、取り過ぎは逆効果になります。塩麹は調味料として食生活に取り入れるのが良いとのことです。


Bの腸内の善玉菌を活性化し、免疫力を高めてデトックスする。 麹菌は善玉菌を活性化する働きがあり、腸内環境が整い、便秘が解消します。そうなることで、体内のデトックス(毒だし)ができ、免疫力アップにもつながります。 


Dの物忘れを防ぐ効果は、最近の実験で明らかになったそうです。記憶障害を引き起こす薬剤を投与したマウスに迷路を通過させるという実験の結果、麹を投与したマウスは、学んだ通りの水路を通過することができ、薬剤による学習記憶低下を防ぐことが判明しました。


最近ブームの塩麹ですが、麹にはたくさんの健康効果があることに驚きました。塩麹を使っておいしい食事をとり、体まで健康になるのだから、いいことずくめですね。健康に美容にもよい塩麹は最強の調味料ですね。


posted by シュガー at 14:47| Comment(1) | 美容・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

金スマ こんまりさん特集「人生がときめく片付けの魔法」

急に寒くなりましたね。着る物がなくて私もさすがに衣替えをしました。夏物から冬物にタンスに移し替えている時に、先週金スマでやっていた近藤麻里恵さん(こんまりさん)のことを思い出しました。

こんまりさんは「ときめくか」、「ときめかないか」で、洋服を選別し、「ときめく」ものだけ残して収納してくださいと言ってました。私の洋服はほとんど「ときめかない」ものばかりなんだけど、捨てると着る物がなくなっちゃうので捨てられませんでした。

金スマでは足の踏み場のない芸能人宅(はなわ、しずちゃん)に行って、こんまりさんがビシビシと指導してました。しずちゃんは自分の部屋から出た、大量の物達を見て涙を流してました。

私は床に物はあまり置いてないんだけど、押し入れの中には段ボール箱に入った「今使ってない物」がたくさんあります。「いつか使うかも?」と思い、捨てられないんです。こんまりさんは「いつか使うっていつ使うの?そのいつかは来ません。」とハッキリ名言してました。

そう言われれば、実際のところ「いつか」は来てませんね。何がしまってあるのかも忘れていたりで、段ボール箱は開けたことがないですね。以前ヤフーオークションでCDやDVDを販売していたことがあり、四畳半の部屋の本棚には売れ残ったCDやDVDがたくさんあります。これも処分したいなー。

こんまりさんの書籍「人生がときめく片付けの魔法」は100万部を超えるベストセラーだそうです。こんまりさんにレッスンを受けた方は、ずっときれいな部屋を保っているんだとか。こんまりさんすごい。

「金スマ」のこんまりさんの特集は、テクニックを別ブログに記事にしてみました。興味のある方はご覧ください。
金スマ こんまり流片付け「人生がときめく片づけの魔法のテクニック」を大公開(2011.9.30)

昨年流行になった「断捨離(だんしゃり)」も気になっているのですが、とにかく物を捨てることから始めなければ、部屋はきれいにならないんだと実感しました。でもそれが一番難しいんだよね。
posted by シュガー at 10:34| Comment(0) | 片付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月03日

NHK朝ドラ「カーネーション」放送開始 尾野真千子

10/3 今日からNHKの連続テレビ小説「カーネーション」が始まりました。前回の「おひさま」は、毎日かかさずに最後まで見ていた私です。戦後をたくましく復興してきた日本人を見て、いつも勇気をもらってました。終わってしまったのは少しさみしいですが、また新しいドラマに注目しようと思います。

カーネーションの舞台は大阪の岸和田で、第1話でだんじりを引く場面がありました。大阪弁でテンポが良く活気のあるドラマです。撮影方法も朝ドラ初のプログレッシブカメラ(30pカメラ)を使っており、新鮮な感じがします。

大正〜昭和の物語で、有名なデザイナー「コシノ三姉妹」の母、小篠綾子さんの生涯を描くそうです。まだ始まったばかりなので幼少期は子役さんが演じていますが、尾野真千子さんがヒロインを演じます。

私が尾野真千子さんを初めて見たのは、2年前NHKで放送された「火の魚」というドラマです。今は亡き原田芳男さんが気難しい小説家で、尾野さんが担当の編集者で、ほぼ二人芝居のような重厚なドラマでした。

その時の尾野さんのイメージは大人しいけれど芯が一本通った女性に感じましたが、今回はパワフルなお母さん役を、大人しそうな尾野さんがどのように演じるのか楽しみです。

前回の「おひさま」もそうでしたが、先輩達はパワフルに戦後をみんなで乗り越えて復興してきたのだから、今の私達もがんばろうよと勇気をくれるドラマだと思います。

これから半年間また楽しみが増えました。
posted by シュガー at 20:48| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
フォレックス・ドットコムの評判・口コミ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。