2011年10月03日

NHK朝ドラ「カーネーション」放送開始 尾野真千子

10/3 今日からNHKの連続テレビ小説「カーネーション」が始まりました。前回の「おひさま」は、毎日かかさずに最後まで見ていた私です。戦後をたくましく復興してきた日本人を見て、いつも勇気をもらってました。終わってしまったのは少しさみしいですが、また新しいドラマに注目しようと思います。

カーネーションの舞台は大阪の岸和田で、第1話でだんじりを引く場面がありました。大阪弁でテンポが良く活気のあるドラマです。撮影方法も朝ドラ初のプログレッシブカメラ(30pカメラ)を使っており、新鮮な感じがします。

大正〜昭和の物語で、有名なデザイナー「コシノ三姉妹」の母、小篠綾子さんの生涯を描くそうです。まだ始まったばかりなので幼少期は子役さんが演じていますが、尾野真千子さんがヒロインを演じます。

私が尾野真千子さんを初めて見たのは、2年前NHKで放送された「火の魚」というドラマです。今は亡き原田芳男さんが気難しい小説家で、尾野さんが担当の編集者で、ほぼ二人芝居のような重厚なドラマでした。

その時の尾野さんのイメージは大人しいけれど芯が一本通った女性に感じましたが、今回はパワフルなお母さん役を、大人しそうな尾野さんがどのように演じるのか楽しみです。

前回の「おひさま」もそうでしたが、先輩達はパワフルに戦後をみんなで乗り越えて復興してきたのだから、今の私達もがんばろうよと勇気をくれるドラマだと思います。

これから半年間また楽しみが増えました。
posted by シュガー at 20:48| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
フォレックス・ドットコムの評判・口コミ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。