2011年10月08日

ハッピー玄関のつくり方 竹内清文 ガラクタを捨てる

先日買ったゆほびか11月号に「ハッピー玄関のつくり方」の記事がありました。

物を捨てることは自分の心と向き合うこと。ガラクタを捨てることで、自分に本当に必要な物が手に入ります。まずは玄関のガラクタ整理からはじめてみましょうと、竹内清文さんのガラクタ整理のことが書かれていました。

竹内清文さんはガラクタ整理師として全国を講演会で回り、2010年には「8割捨てればうまくいく!」、2011年は「手放せばうまくいく」と物を捨てることで人生が変わるという本を出版されています。

家全体の片付けは時間も労力もかかるが、まず最初に玄関を片付けてみる。家の中でも玄関はエネルギーの出入口で大切な場所。玄関が片付いていないと外からの良いエネルギーがブロックされ、新しいチャンスやご縁が巡ってきませんと竹内さん。

竹内さんのガラクタチェツクのポイントは

●見ると笑顔になれるもの以外はガラクタ
●いちばん好きなもの以外はガラクタ
●2年間使わなかったものはガラクタ


竹内さんのガラクタの定義は「好きでないものはすべてガラクタ」だそうです。玄関には好きな物だけを置き、それ以外の物は処分する。買ってから日が浅いものやl高級ブランドでも、見ていて気分が上がらないものは、自分にとっては「ガラクタ」になっているそうです。

竹内さんの考え方は、金スマで見たこんまりさんと一緒だなと思いました。こんまりさんも「ときめく」か「ときめかないか」で判断し、ときめくモノだけを残して収納していました。

別ブログに9/30に金スマで放送された こんまりさんの「人生がときめく片付けの魔法」記事を書いています。興味のある方はご覧ください。→金スマ「人生がときめく片付けの魔法」テクニック大公開

最近テレビや雑誌で片付け術を良く目にすることもあり、自分も物を捨てなきゃと思うようになりました。まずは玄関から初めてみようかなと思います。
posted by シュガー at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 片付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
フォレックス・ドットコムの評判・口コミ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。